とらわれない生き方 悩める日本女性のための人生指南書

3.66
  • (15)
  • (18)
  • (13)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 229
レビュー : 24
凪紗さん 池田・里中・ヤマザキ・西原   読み終わった 

図書館でずいぶん前に予約して待たされたけど
このタイミングで読めて良かった。

ヤマザキマリさんによる人生相談。
のこしておきたいコメントをコピーします。

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.

私の人生なんて失敗だらけですが、全然恐れてませんね。「失敗、OK!」てぐらいです。なぜなら失敗があったおかげで、ものすごく自分の身となり血となったことが山のようにあるからです。

私は挫折ではなく、人生を転換したというふうにとらえています。

私が後悔しないのには、どこかで「意味があってそうなっているんだな」という考え方をしているからなんです。すぐに結果が出てないけど、私がこうやって一生懸命考えて出した結論なんだから、きっと何かにはつながるんだろうと思っています。

旅の経験もそうですが、時にはまったく関係のない本を読んでいる中に、悩みに対する答が出て来るくることがあります。数日間でも、ネットに費やす時間のすべてを、本を読み、映画を観ることにつぎ込んでみてください。自分の中に蓄積されるものが増えて、ふっとしたときに自然と答えが出るようにもなる。自分を励ます言葉や知識を自分の中にストックすれば、仕事でも恋愛でも何でも、自分が自分の味方になってくれます。

自分に対してのタブーとしては、精神的な毒素をためないようにしています。くすぶり出したら、自分なりの処方箋を投入して、とにかくデトックス。

苦労によって、人が輝きを増すことはあるかもしれませんね。苦労することで免疫力がついて、細胞が活性化される。そしてまた「頼りがいのある自分」になったと実感するわけです。何かに依存しなければ生きていけないという弱みが、また一つなくなった。人生は修行みたいなものですね。

レビュー投稿日
2018年3月17日
読了日
2014年12月2日
本棚登録日
2014年12月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とらわれない生き方 悩める日本女性のため...』のレビューをもっとみる

ツイートする