寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)

3.76
  • (173)
  • (218)
  • (322)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 1717
レビュー : 209
著者 :
nakagawaさん  未設定  読み終わった 

ページをめくるごとに、甘いような腐ったような香りが鼻をかすめる本。
内容に合っていて忘れ難くて美しい、素敵なタイトルだと思います。

短編集で、印象に残ったのは「心臓の仮縫い」です。
「白衣」は分かりやすい話ですが、この雰囲気がとても好き。
「洋菓子屋の午後」の描写がすごい…たぶん作家が見せたかった景色そのままを、わたしは見ていたと思う。

レビュー投稿日
2018年1月25日
読了日
2018年1月25日
本棚登録日
2018年1月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする