作家の収支 (幻冬舎新書)

3.74
  • (31)
  • (99)
  • (59)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 764
レビュー : 88
著者 :
nakagawaさん  未設定  読み終わった 

目に留まり、興味本位で読んだのですが、予想以上に楽しめました。

売れ方が別格であることは承知していたので、数字に驚くはずではなかったのですが、のっけからびびりました。
印税や部数ではなく。
1時間で6000字――1時間で6000字? =20枚。
二度見どころではなく五度読みくらいしてしまった。
速!

辛辣と感じるまでにドライな書きぶりは、以前にエッセイを読んでいたので問題なく馴染めました。
そんな中にも(だからこそ?)笑ってしまったり和む記述もちらほら。
メフィスト賞のホームズ像や、テレビ関連グッズ「マグカップとお菓子(ゼリィ)」の印税が数百円振り込まれた件、特典というか役得の話も楽しかったです。

出版やメディア、小説家という職業に対する意見は、フラットで、説得力があります。
また、説得力以上のエネルギーで働きかけてくることも書いてあって、読んで良かったと思いました。

レビュー投稿日
2017年2月15日
読了日
2017年2月15日
本棚登録日
2017年2月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『作家の収支 (幻冬舎新書)』のレビューをもっとみる

『作家の収支 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする