戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗

4.31
  • (67)
  • (44)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 767
レビュー : 64
著者 :
nakahisashiさん 社会科学   読み終わった 

『それでも日本人は「戦争」を選んだ』が良かったのでこれも手に取った。
満州事変・三国同盟・日米交渉決裂、それぞれの選択の過程でなにがあったのか、別な選択はあり得なかったのかなど資料に当たりながら進める講義は歴史を真摯に見る姿勢を学ぶことが出来る。
謀略史観を撒き散らかしてきた人が保守の重鎮と言われてしまう日本の現状に警告を発する書。多くの人に読んでいただきたい。
それにしても、講義に参加している中高生のレベルの高さには驚くとともに、日本の未来は暗くはないかもしれないと思えてくる。

レビュー投稿日
2017年5月28日
読了日
2017年5月25日
本棚登録日
2017年5月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』のレビューをもっとみる

『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする