アフリカのこころ―奴隷・植民地・アパルトヘイト (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店 (1989年3月20日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 2
4

(1995.11.23読了)(1989.03.26購入)
奴隷・植民地・アパルトヘイト
(「BOOK」データベースより)amazon
『ルーツ』の主人公クンタ・キンテが自らの体験で語るように、アフリカ大陸は白人による奴隷貿易の供給地とされ、やがてヨーロッパのあくなき植民地支配にさらされます。二重の屈辱に耐えて20世紀後半、独立をかちとるまでの苦難の歩みを再現し、国造り、アパルトヘイト等に挑むアフリカの力強い姿を伝えます。

☆関連図書(既読)
「アルジェリア戦争」ジュール・ロワ著・鈴木道彦訳、岩波新書、1961.06.24
「現代アフリカの悩み」小倉充夫著、NHKブックス、1986.09.20
「私のなかのアフリカ」北沢洋子著、現代教養文庫、1988.07.30

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: アフリカ
感想投稿日 : 2013年7月7日
読了日 : 1995年11月23日
本棚登録日 : 1995年11月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする