鏡の国のアリス (角川文庫)

3.39
  • (23)
  • (26)
  • (92)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 383
レビュー : 40
nakaizawaさん 海外文学   読み終わった 

(1996.08.14読了)(拝借)
(「BOOK」データベースより)amazon
煖炉の上の鏡をくぐりぬけ、アリスはまた奇妙な冒険に飛びこんだ。おしゃべりをする花たち、編物をするヒツジ、ハンプティ・ダンプティ、ユニコーン、赤の女王etc.鏡の国をさまよっていると、つぎつぎに不思議な住人たちがあらわれて、気がつくとアリス自身も女王さまに―。チェスのゲームを物語に織りこんだ夢とユーモアあふれるファンタジーを金子国義のオリジナル挿画で贈る。

☆関連図書(既読)
「トム=ソーヤーの冒険」トウェーン著・亀山龍樹訳、講談社、1987.07.25
「十五少年漂流記」ベルヌ著・那須辰造訳、講談社、1987.08.20
「絵のない絵本」アンデルセン著、童心社、1966.11.25

レビュー投稿日
2013年7月11日
読了日
1996年8月14日
本棚登録日
1996年8月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鏡の国のアリス (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『鏡の国のアリス (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする