対論 (講談社文庫 177)

  • 講談社 (1973年6月1日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
4

(1973.07.25読了)(1973.06.29購入)
*解説目録より*
マスコミの奔流渦まく現代社会をきわめて意識的に生き抜く焼跡闇市派野坂昭如、外地引揚派五木寛之。文壇において異彩を放つ両者が七十年代の厳しい状況を凝視し奔放に討論し合う情況的人性論集。

☆関連図書(既読)
「卑怯者の思想」野坂昭如著、中央公論社、1969.12.18
「エロ事師たち」野坂昭如著、新潮文庫、1970.04.15
「真夜中のマリア」野坂昭如著、新潮文庫、1971.06.10
「アメリカひじき・火垂るの墓」野坂昭如著、新潮文庫、1972.01.30
「受胎旅行」野坂昭如著、新潮文庫、1972.06.10
「水虫魂」野坂昭如著、新潮文庫、1973.01.30
「とむらい師たち」野坂昭如著、講談社文庫、1973.03.15

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 野坂昭如:作家
感想投稿日 : 2012年7月1日
読了日 : 1973年7月25日
本棚登録日 : 1973年7月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする