’89・東欧改革―何がどう変わったか (講談社現代新書)

制作 : 南塚信吾  宮島直機 
  • 講談社 (1990年4月20日発売)
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
4

(1991.11.29読了)(1991.10.13購入)
何がどう変わったか
(「BOOK」データベースより)amazon
東欧に吹き荒れた変革の嵐。「連帯」の力は一党支配に風穴をあけた。ベルリンの壁は崩れ、独裁者チャウシェスクは処刑され、民衆が歴史を変えた。激動の過程を跡づけ展望した同時代ドキュメント。

☆関連図書(既読)
「ベルリンの壁崩れる」笹本駿二著、岩波新書、1990.05.21

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ロシアと東欧
感想投稿日 : 2013年6月9日
読了日 : 1991年11月29日
本棚登録日 : 1991年11月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする