実朝私記抄

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 5
4

「実朝私記抄」岡松和夫著、講談社、2000.05.15
298p ¥2,100 C0093 (2022.06.20読了)(2022.06.12借入)
栄西に始まり、道元を終わりに登場させています。
「源実朝」大佛次郎著とは、だいぶ違った物語になっています。
いずれも、『吾妻鏡』『愚管抄』がネタ元になっているわけですが、作家の想像力でいろんな形の物語になりますね。
この時代は、まさに血を血で洗う権力争いの時代なんですね。NHK大河ドラマから今後も目が離せませんね。

【目次】(なし)
1~70

☆関連図書(既読)
「源実朝」大佛次郎著、六興出版、1978.12.20
「炎環」永井路子著、文春文庫、1978.10.25
「絵巻」永井路子著、角川文庫、2000.08.25
「源頼朝の世界」永井路子著、中公文庫、1982.11.10
「北条政子」永井路子著、角川文庫、1974.04.15
「尼将軍 北条政子」童門冬二著、PHP文庫、2008.11.19
「マンガ日本の歴史(16) 朝幕の確執、承久の乱へ」石ノ森章太郎著、中央公論社、1991.02.20
「大系日本の歴史(5) 鎌倉と京」五味 文彦、小学館ライブラリー、1992.12.20
「定家明月記私抄」堀田善衛著、新潮社、1986.02.20
「定家明月記私抄続篇」堀田善衛著、新潮社、1988.03.10
「藤原定家 愁艶」田中阿里子著、徳間文庫、1989.12.15
「新古今和歌集」小林大輔編、角川ソフィア文庫、2007.10.25
「新古今和歌集・山家集・金槐和歌集」佐藤恒雄・馬場あき子著、新潮社、1990.09.10
「吾妻鏡」上・中・下、竹宮 惠子著、中央公論社、1994.12.20-1996.02.25
(「MARC」データベースより)amazon
栄西に仏道を学び、前生は中国の僧であったと信じる実朝は、将軍の身で中国に渡るべく、船の建造を命じた。どんどん自由を失い、内面だけを変化させていく実朝が短歌に託した思いを描き、転機に立つ者を捉える歴史小説。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 時代小説
感想投稿日 : 2022年6月16日
読了日 : 2022年6月20日
本棚登録日 : 2022年6月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする