或る女 (下) (新潮文庫)

2.75
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
著者 :
nakaizawaさん 日本文学   読み終わった 

(1969.08.05読了)(1969.07.26購入)
(「BOOK」データベースより)
日清戦争前後、時代の高揚のなかで、自我の芽生えを自覚した葉子。旧弊な社会に反発し、自らの情念に忠実に生きようとした気丈で才知溢れる女性の、多感な性情と苦痛にみちた運命、その肉体と精神の相克を描き、リアリズム文学の傑作と称される不朽の名篇。

☆関連図書(既読)
「カインの末裔・他一篇」有島武郎著、角川文庫、1954.01.10
「或る女(上)」有島武郎著、新潮文庫、1948.05.15

レビュー投稿日
2013年3月17日
読了日
1969年8月5日
本棚登録日
1969年8月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『或る女 (下) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『或る女 (下) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『或る女 (下) (新潮文庫)』にnakaizawaさんがつけたタグ

ツイートする