風俗小説論 (新潮文庫 B 5-4)

著者 :
  • 新潮社 (1958年5月1日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 2
4

(1966.08.24読了)(購入日不明)
(「BOOK」データベースより)
「『破戒』から『蒲団』にいたる道は滅びにいたる大道であったと云えましょう」。日露戦争の直後に起こった文壇の新気運のなかで、その後の日本文学の流れを決定づける二作品が誕生した。日本の近代リアリズムはいかに発生し、崩壊したのか。自然主義から誕生した私小説が日本文学史に与えた衝撃を鋭利な分析力で解明し、後々まで影響を与えた古典的名著。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本文学
感想投稿日 : 2013年3月6日
読了日 : 1966年8月24日
本棚登録日 : 1966年8月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする