伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集

3.45
  • (3)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
制作 : Agota Kristof  堀 茂樹 
nakaizawaさん 海外文学   読み終わった 

(2006.06.01読了)(2000.02.04購入)
副題「アゴタ・クリストフ戯曲集」
アゴタ・クリストフの日本語版オリジナル戯曲集「怪物」には、五編の戯曲が収められていましたが、「訳者あとがき」に書かれていたように、戯曲は後四編あります。
この本は、残り四編の戯曲が収められています。「鼠が通る」「灰色の時刻、あるいは最後の客」「伝染病」「星々を恐れよ」です。

著者 アゴタ・クリストフ
1935年 ハンガリー生まれ
1991年 「悪童日記」日本語訳刊行

☆関連図書(既読)
「悪童日記」アゴタ・クリストフ著・堀茂樹訳、早川書房、1991.01.15
「ふたりの証拠」アゴタ・クリストフ著・堀茂樹訳、早川書房、1991.11.15
「第三の嘘」アゴタ・クリストフ著・堀茂樹訳、早川書房、1992.06.15
「怪物」アゴタ・クリストフ著・堀茂樹訳、早川書房、1994.07.15
「昨日」アゴタ・クリストフ著・堀茂樹訳、早川書房、1995.11.30

(「MARC」データベースより)amazon
政治ゲーム、ドタバタ・アクション、風刺劇、詩的戯曲。「悪童日記」以前に書いていた戯曲9篇のうち5篇を収録した「怪物」に続き、本書は残り4篇を収めて贈る日本語版オリジナル戯曲集第2弾。

レビュー投稿日
2010年2月12日
読了日
2006年6月1日
本棚登録日
2006年6月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集』のレビューをもっとみる

『伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集』にnakaizawaさんがつけたタグ

ツイートする