秘本三国志 (3) (文春文庫 (150‐8))

3.69
  • (21)
  • (13)
  • (36)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 178
レビュー : 7
著者 :
nakaizawaさん 陳舜臣:作家   読み終わった 

(1983.03.03読了)(1983.02.08購入)
(「BOOK」データベースより)
中原制覇を目論む諸侯のなかで、一歩先んじたのは、後漢の天子・献帝を本拠地・許都に迎えた曹操だった。これに対抗する袁術は皇帝を僭称。さらに実力者の袁紹や劉備・呂布らの諸将が加わり、権謀術数をめぐらす。群雄割拠の時代の帰趨はいかに。

☆陳舜臣さんの本(既読)
「秘本 三国志 一」陳舜臣著、文春文庫、1982.07.25
「秘本 三国志 二」陳舜臣著、文春文庫、1982.07.25

レビュー投稿日
2013年2月2日
読了日
1983年3月3日
本棚登録日
1983年3月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『秘本三国志 (3) (文春文庫 (150...』のレビューをもっとみる

『秘本三国志 (3) (文春文庫 (150‐8))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『秘本三国志 (3) (文春文庫 (150‐8))』にnakaizawaさんがつけたタグ

ツイートする