O嬢の物語 (角川文庫)

3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
nakaizawaさん 海外文学   読み終わった 

(1977.01.22読了)(1973.10.07購入)
内容紹介
フランスの前衛的な文学賞「ドゥー・マゴ賞」を受賞した本作品は、古くてしかも新しい、人間性の奥底に潜む非合理な衝動をえぐり出した、真に恐るべき恋愛小説の傑作である。女主人公Oは恋人ルネに導かれ、自由を放棄し、男たちに強いられた屈従と涙と拷問のさなかで訓練を積み、奴隷の境遇を受けいれ、ついには晴れやかな精神状態に達するという、それはある女の情熱的な愛の告白であり、フランス伝統文学を受けつぎながら、新しい文学を目指した真の名作と言って過言ではあるまい。

レビュー投稿日
2013年4月3日
読了日
1977年1月22日
本棚登録日
1977年1月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『O嬢の物語 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『O嬢の物語 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『O嬢の物語 (角川文庫)』にnakaizawaさんがつけたタグ

ツイートする