俺が生きる意味 (1) (ガガガ文庫)

3.60
  • (4)
  • (20)
  • (14)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 91
レビュー : 10
著者 :
制作 : しらび 
中山バスターさん ライトノベル   読み終わった 

平穏な学園生活の中で突如現れた壁により学校は隔離され、校内は化け物が徘徊する場所と化す。
主人公は抗うが…
学園を舞台とするパニックアクション

2巻に続く終わり方なのであんまり否定的なことを書きたくはないんだけど、パニックになってる割に会話とかに緊張感がない部分が多いんだよね。
バトル中の長セリフもあり、なんか違和感が多いんだよね。
あと納得いかないのは巻頭ではなく巻末に化け物の紹介があること。
これを見て読むのと見ないで読むのではイメージの掴み方が全然違ったんじゃないかな。
ラノベの特徴をもっとうまく使って欲しかったな。

レビュー投稿日
2014年2月10日
読了日
2014年2月10日
本棚登録日
2013年8月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『俺が生きる意味 (1) (ガガガ文庫)』のレビューをもっとみる

『俺が生きる意味 (1) (ガガガ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする