市民のための裁判入門 (PHP新書)

3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
著者 :
あゆみさん しんしょ   読み終わった 

ついに始まった裁判員制度。
裁判とは何か、という初歩的な視点から
裁判、そして裁判員制度を切り込む本。

裁判についての知識ゼロでもすんなり読めます。
憲法とは何か~というところからスタートし、
裁判の「知らなかった!」という仕組みや
裁判員制度の問題点まで
幅広くカバーしてあり、とても読みやすい!
新書の割にはすらすらすらすら~っと読めちゃいます。

なんてったって、著者は元裁判官。
そりゃ内情も全部知ってるわ。
元裁判官だから知っていることが面白い。
「裁判官の独立」について書かれている部分が特に。
裁判官って法律のみに縛られているのかと思いきや、
最高裁の人事や最高裁の判例などなど
いろんなものに縛られているんだなぁと。

ただ、ちょっとこの本過激w
特に5章後半部分(判決文の蛇足について)と
6章(裁判員制度について)。
思いっきり批判してます。はい。

レビュー投稿日
2009年10月24日
読了日
2009年10月24日
本棚登録日
2009年10月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『市民のための裁判入門 (PHP新書)』のレビューをもっとみる

『市民のための裁判入門 (PHP新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『市民のための裁判入門 (PHP新書)』にあゆみさんがつけたタグ

ツイートする