医療とは何か ---現場で根本問題を解きほぐす (河出ブックス)

4.19
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 9
著者 :
ヒロさん 医療・医学   読み終わった 

救急医療とは、医療の中でも修羅場。
瀕死の重傷の方が次から次へと運ばれてきます。
生命を救うために短時間で状態を判断し、最善と思われる治療を選択する必要があります。
不確実な状況での意思決定を常に迫られます。
こんな状況で仕事をしているためか行岡先生は、哲学に傾倒されています。
考えたこと(主観)と対象(客観)が一致する場合を正しい判断とするデカルト哲学は、医療にはマッチしていないと考えています(デカルトなんて高尚ですね)。
http://ameblo.jp/nancli/entry-11582769233.html

レビュー投稿日
2013年8月2日
読了日
2013年7月29日
本棚登録日
2013年7月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『医療とは何か ---現場で根本問題を解き...』のレビューをもっとみる

『医療とは何か ---現場で根本問題を解きほぐす (河出ブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする