在宅死のすすめ 生と死について考える14章 (幻冬舎ルネッサンス新書)

3.50
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
著者 :
ヒロさん 医療・医学   読み終わった 

この本の中に、かなりショッキングな内容が書いてありました。
網野先生は、安楽死に賛成と自分の立場を声明しています。
この本に「安楽死を実行した医師の告白」という章があります。
68歳の骨肉腫の患者さんに対して医師が積極的安楽死を行なった顛末が紹介されています。
この章の冒頭に「2002年(平成14年)、都内で開業する友人のA医師から届いた電子メールに、彼が行なった安楽死の経緯が記されていた。」

http://ameblo.jp/nancli/entry-11960772446.html

レビュー投稿日
2014年12月6日
読了日
2014年12月6日
本棚登録日
2014年12月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『在宅死のすすめ 生と死について考える14...』のレビューをもっとみる

『在宅死のすすめ 生と死について考える14章 (幻冬舎ルネッサンス新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする