テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)

3.71
  • (103)
  • (122)
  • (134)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1019
レビュー : 138
著者 :
ななこさん BOOK   読み終わった 

タイトル「テンペスト」そのままで、まさに嵐のような読書体験でした!

正直、真鶴のご都合主義が鼻に付く部分も度々あったし
「有り得ない展開」というのがとても多く、辟易する事もあったけれど
その事を差し引いても、この怒涛の展開と並々ならぬパワーには脱帽。

ファンタジー色全開の作品なので
歴史物語というよりもエンタメとして楽しむべきですね~。
(これがNHKドラマ化されたとは驚き!教育上よろしくないのでは?笑)

嗣勇は…何だか色んな意味で勿体ないなぁ。
終始一貫してカッコイイ頼れるお兄ちゃんでいて欲しかったです。
それでも彼の最期には涙した。やっぱり妹想いだったんだね…。

レビュー投稿日
2011年12月31日
読了日
2011年12月21日
本棚登録日
2011年12月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする