進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

4.08
  • (281)
  • (295)
  • (178)
  • (19)
  • (1)
本棚登録 : 3141
レビュー : 180
著者 :
ななこさん BOOK   読み終わった 

怒涛の展開!
読んでいて思わず体に力が入ってしまう。

あの時のあれはこういう事だったのか~とか、
作者さんが今まで散りばめてきた伏線の回収に、ただただ驚くばかり。
例のごとく、目を背けたくなるような描写もあるけれど、
それ以上にストーリーの運び方が巧くて本当に面白いです。

終盤あたり、ミカサの告白に「え、まさか……」と一瞬ドキリとしましたが、
エレンはミカサが思っていた以上に成長していた(笑)
男前だね、エレン!!

冷酷に見えるエルヴィン団長の決死の覚悟、
クリスタの相変わらずの天使っぷり(女でも惚れるね!)、
絶体絶命の状況下でこそ頭の良さを発揮するアルミン。

皆死んで欲しくない、けど次は誰が殺されるのだろうかと予想してしまう。

次巻のキーワードは「座標」ですね。
読むのが待ち遠しいです♪

レビュー投稿日
2014年1月10日
読了日
2013年12月23日
本棚登録日
2013年12月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『進撃の巨人(12) (講談社コミックス)』のレビューをもっとみる

『進撃の巨人(12) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする