カレーライスはこわいぞ (ポプラ社の小さな童話 13 角野栄子の小さなおばけシリーズ)

4.02
  • (23)
  • (14)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 246
レビュー : 16
著者 :
Nya---!さん 児童書   読み終わった 

双子のいたずらネズミを懲らしめる為、辛いカレーを食べてどんどん顔が恐くなっていくところ、子供の頃はわくわくして読んでた。

お互いに恐い顔になっていたからビックリしてふさぎこんで、反省してさびしくなる。 子供の頃友だちとケンカしたあとの気持ちとよく似てるなぁ。
最後は仲直りしてほっこりした気持ちになれる。

子供に読み聞かせたら「ぺしゃんこのぺしゃ」という表現に受けてた。語呂が楽しい♪

最近ドララちゃんって吸血鬼の女の子が出てくる話を読んだ。ドララちゃん絵が可愛いけど、やっぱり初期のこの話や「スパゲッティがたべたいよう」の方が心に響いてきて好きだ。

レビュー投稿日
2015年6月26日
読了日
-
本棚登録日
2015年6月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カレーライスはこわいぞ (ポプラ社の小さ...』のレビューをもっとみる

『カレーライスはこわいぞ (ポプラ社の小さな童話 13 角野栄子の小さなおばけシリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『カレーライスはこわいぞ (ポプラ社の小さな童話 13 角野栄子の小さなおばけシリーズ)』にNya---!さんがつけたタグ

ツイートする