エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)

4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
著者 :
七祈さん ライトノベル   読み終わった 

色々とドンデン返しが続く巻でしたね。最初の日常編から一転、中盤からクライマックスまで息つく暇がないくらいでした。

力を持ち過ぎた主人公勢力がパワーバランスの懸念により国や世界から追われる、というのはスパロボもののお約束ですが。実にいいですねー。手に汗握る展開です。

しかし、氷室義塾は圧倒的な武力を持っているのに対して防諜関係のノウハウが無さすぎじゃないですかね。まあ、そうじゃなきゃ物語が展開しないってのは分かるのですが、それならそれで防諜関連が杜撰であるちゃんとした理由付け欲しかったところです。

とまれ、続きがこれほど気になるラノベに出会えたのは久々であることだけは確か。

レビュー投稿日
2017年3月6日
読了日
2017年3月6日
本棚登録日
2016年11月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エイルン・ラストコード ~架空世界より戦...』のレビューをもっとみる

『エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)』に七祈さんがつけたタグ

ツイートする