レジェンド (4) (カドカワBOOKS)

2.86
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
著者 :
七祈さん ネット小説   読み終わった 

「グリフォンのセトを狙って街中が敵になる」という帯のあらすじ紹介にワクワクして読んだのですが、とんだ期待外れでした。

「街中が敵」という割には味方となる新キャラクターが数多く登場し、さらに敵側は名もないモブキャラばかり。緊迫感がまるでありません。

セトを狙う敵側のボスは「街を牛耳る大商人」という設定なのですが、これが何の駆け引きもなく「セトを寄越せ」と大上段から恫喝するしかしない無能で、「これで本当に商売人なのか?」と呆れましたね。こんな無能設定なら、大商人じゃなく世間知らずのボンクラ貴族にでもしておいた方がよかったのでは。

あと、カラーピンナップ見開きでセトの妄想話が描かれているのですが、本編でまったく触れられていなかったのには吃驚しました。なら何故にカラー絵で載せたのかと。

レビュー投稿日
2016年6月11日
読了日
2016年6月11日
本棚登録日
2016年6月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レジェンド (4) (カドカワBOOKS...』のレビューをもっとみる

『レジェンド (4) (カドカワBOOKS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『レジェンド (4) (カドカワBOOKS)』に七祈さんがつけたタグ

ツイートする