孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)

4.27
  • (146)
  • (101)
  • (52)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1080
レビュー : 108
著者 :
何見惇さん 小説‐推理もの   読み終わった 

江戸川乱歩を読み直そうシリーズが続いております。今回は長編でしたが、飽きずに最後まで読めましたねー。解説にもありましたが、この作品は大きく前編と後編に分かれており、前編はミステリ(の謎の提示部分)要素が強く、後半は孤島サスペンス、という感じでした。やや無理やりに伏線を拾っている部分はありましたが、まぁそこは古い作品ということで…。

レビュー投稿日
2012年9月28日
読了日
2012年9月27日
本棚登録日
2012年9月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション...』のレビューをもっとみる

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)』に何見惇さんがつけたタグ

ツイートする