旅を数えて

  • 光文社
3.14
  • (2)
  • (2)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 5
4

 私の好きな作家である中島京子さんの作品が収録されているアンソロジーなので、読んでみた。 「旅」をどうとらえるのか。作家ごとに異なるのが興味深い。 個人的に一番良かったのは、ベタだけど女2人旅を爽やかに描いた中島京子「ポジョとユウちゃんとなぎさドライブウェイ」。ああ、こんな旅もあるのかと、甘酸っぱい青春に胸が熱くなった川本晶子「ニケツ」、同居人へいらだつざらついた感情がイヤらしいほど巧く丁寧に描かれていて、こちらまで不快感にイライラ。なのに、最後の最後でカタルシスがあって!な前川麻子「ニューヨークの亜希ちゃん」、内容的に中島京子作品とカブるところがあって惜しい、でも物語としては嫌いじゃない松井雪子「道くさ、道づれ、道なき道」。 平田俊子「いとこ、かずん」は詩的ではあるものの散漫に感じて、ホラーちっくな不思議な話である篠田節子「ライフガード」は、よくまとまってさすが!とは思ったものの、好みではなかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2007年11月22日
読了日 : 2007年12月2日
本棚登録日 : 2007年11月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする