真田太平記(十二)雲の峰 (新潮文庫)

4.15
  • (154)
  • (92)
  • (97)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 871
レビュー : 80
著者 :
naoniさん  未設定  読み終わった 

とうとう最終巻を読み終えた。
初めての歴史小説、初めての池波正太郎だったが、読みやすい文体でさくさくと読み進められた。
時々「〇〇は先に述べた通りだ」とか「話をもとに戻そう」などの語り口調で親近感ももてた。

それにしても、9年間も新聞連載されたとはすごい。
膨大な数の登場人物は、とうてい全ては把握できないまま読んだが、細かい人物描写で情景が浮かんでくるのが楽しかった。
読み終えてすこし淋しい。

レビュー投稿日
2016年9月15日
読了日
2016年9月15日
本棚登録日
2016年9月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『真田太平記(十二)雲の峰 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『真田太平記(十二)雲の峰 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする