精霊の箱 下: チューリングマシンをめぐる冒険

4.26
  • (14)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 152
レビュー : 13
著者 :
naosunayaさん サイエンス   読み終わった 

2017.2記。

最初に書いておくが「めちゃくちゃ面白い」。

チューリングマシン、より簡単に言ってコンピュータとは要するになにか。本書は、二進法、実行と停止、遷移図など、「計算」をつかさどる原理や仕組みについて、魔法使いの弟子が「いにしえの呪文を解読する」という物語の形を借りて解説。それがまた壮大な陰謀との戦いに仕立て上げられているのだからすごい。難点があるとすれば、論理式の解説部分が面白すぎて、恋や冒険のパートを読み飛ばしたくなるところだが、実はそれが理解のヒントになっていたりもするから侮れない。

著者は言語学が専門のようで、計算とは何ぞや、を突き詰める過程では数学よりも言語が全面に出てくるところも典型的文系の私には鮮烈。それでいて、例えば「暗号理論」の部分では整数論の奥深さを垣間見られる。暗号化するより復号化(解読する)ほうがずっと難しい理由が「累乗(で暗号化する)よりも累乗根(で元に戻す)のほうがずっと計算が大変だから」という直観的な理解とか、個人としての収穫の一つ。

蛇足だが、物語の輪郭は村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」だと予想する。というか併せて読み直せば相当の発見がありそう。そうか、計算士と記号士との戦いってのはこれか・・・と。「チューリングをめぐる冒険」というタイトルも「羊をめぐる冒険」からインスパイアされていそうだし。

レビュー投稿日
2019年1月1日
読了日
2019年1月1日
本棚登録日
2019年1月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『精霊の箱 下: チューリングマシンをめぐ...』のレビューをもっとみる

『精霊の箱 下: チューリングマシンをめぐる冒険』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする