成長し続けるための77の言葉

4.08
  • (17)
  • (11)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 13
著者 :
naotoichigiさん ビジネス   読み終わった 

【成長し続けるための77の言葉 / 田坂広志著】


尊敬する田坂さんの現行最新の著書

今、手元にはないが記憶の範囲内でレビューを書く

中では人間の成長を

①職業人としての成長
②人間としての成長
③人間集団の成長

の3つに大別し、ひとつずつ人間の成長の必要性を説いている

自分の読んできた本の中でも上位にくいこむほど好きな一冊

田坂さんは本の中で


「成功は約束されていないけど、成長は約束されている」

と言っている


そもそもなぜ成長をするのか?

それは悔いのない人生を送るため

として、3つのステージごとに成長の定義をしていく

①職業人としての成長
 ●知識ではなく、知恵をつかみとることが大事
  >知識偏重社会において、知識は価値をもたない
  >言葉に表せない知恵をどれだけ習得できるかが鍵
 ●師の強烈な個性と格闘することで自分のスタイルを確立する
  >師の言動はあくまで表層的に現れた結果であって、その師が持つパーソナリティ、マインドなどの「心得」を感じ取ることが大事 
  >そうするふぉ、最初は真似ぶことからはじめ、徐々に「さまにならない」違和感にきづく
  >そこから、はじめてひとりのプロフェッショナルとしての道を歩み始める
 
②人間としての成長
 ●内省を具体的にし続ける
  >反省が抽象的な人間は成長できない 
 ●死生観を持って、一瞬一瞬を生き抜く覚悟をもつ
  >一瞬一瞬を生き切ることで、香りある人生に

③人間集団としての成長
 ●集団はリーダー自身を映し出す鏡
  >怖がることなく、覗き込むことが大事
 ●心理学からではなく相手と「正対」することで身に付くマネジメント力
  >あくまで一般論
 ●自身・集団を含めたエゴ・マネジメント
  >人は一般的に自分を良く見せようとしてしまう
  >エゴを消すことはできない
  >エゴを静かに見つめることが出来る人が本当に強い人間
  >集団の各人がエゴを見つめ、失敗をさらけ出しあう文化をつくる
 ●リーダーの究極の役割は『メンバーの成長の場を創ること』
  >学びあう、高めあう組織へ


一旦、思い出す限りのポイントはこんくらいか

レビュー投稿日
2011年5月8日
読了日
2011年5月8日
本棚登録日
2011年5月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『成長し続けるための77の言葉』のレビューをもっとみる

『成長し続けるための77の言葉』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする