危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ――資本主義とヴィジョンの再生を目指して

3.71
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
naoyuki19820718さん 政治・経済学   読み終わった 

「ケインズ」 と聞くと、多少なりともニュースを見たりしたことがある人は「あぁ公共事業のアレね」というような言葉が出てくるのではないだろうか。
評者も大学に入学するまではそのようなイメージを持っていたが、ゼミで研究したのはケインズであった。
それ以来、ケインズに限らず、「その人が社会をどのように見て、どう考えたのか?」と考えるようになった。
そしてケインズが100年に1度の危機の中で再びクローズアップされ始めている。しかし、マスコミで報道されるのは相変わらず景気刺激策に留まるものではないだろうか。
本書は経済政策論からケインズの哲学までを議論し、ケインズとの出会いを書き下ろしたものを編集した本である。同じ学会に所属する方であっても政策論の違いなどが見られるが、是非ともその点は本書を手にとって読んで欲しい。

ケインズは単なる経済学者ではなく、20世紀の巨人であることを再認識させる良書である。

レビュー投稿日
2012年4月15日
読了日
2012年4月15日
本棚登録日
2012年4月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ――資本主...』のレビューをもっとみる

『危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ――資本主義とヴィジョンの再生を目指して』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『危機の中で〈ケインズ〉から学ぶ――資本主義とヴィジョンの再生を目指して』にnaoyuki19820718さんがつけたタグ

間宮陽介の作品一覧

間宮陽介の作品ランキング・新刊情報

ツイートする