蜩ノ記 (祥伝社文庫)

3.95
  • (234)
  • (361)
  • (207)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 2364
レビュー : 276
著者 :
nari-akiさん 時代小説 > 男性作家   読み終わった 

ラジオなどの口コミ、あるいは、映画の評判がよかったので、初めて日本の時代小説を読む。
最初は、時代小説ならではの語句に少し戸惑ったものの、慣れると、物語の内容に吸い込まれる。
作品の魅力だろうか。
登場人物の機微、あるいは、それと重なる自然の描写がきれいだった。
フィクションなのはもちろんだが、「物語の内容は、現代小説にあるような展開かもしれない。それが江戸時代にかわっただけ」。そういう表現もできるかもしれないが、やはり、人物の心情、生き様…それらを描くには、この内容がぴったりだと思った。
人間の機微を描く、時代小説が自分にはあっているようだ。
推理小説のような展開、それと並行してすすむ登場人物の心の有りよう、すべてよかった。
満足の1冊。

レビュー投稿日
2014年12月29日
読了日
2014年12月29日
本棚登録日
2014年12月22日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蜩ノ記 (祥伝社文庫)』のレビューをもっとみる

『蜩ノ記 (祥伝社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする