たのしいムーミン一家 (講談社文庫)

3.77
  • (168)
  • (167)
  • (294)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1413
レビュー : 173
制作 : Tove Jansson  山室 静 
nariyomuさん 右脳系   読み終わった 

久しぶりに読んだ。ゴールデンウィークが終わってしまい、明日から仕事が始まる前に現実逃避……。
子供の頃から何度も読んでいるけれど、今読んでも面白いし、読むたびに新しい発見がある。

たくさんの生き物が登場します。かわいいだけでなく、自分勝手な者、臆病な者、偏屈な者、善悪の区別がつかない者など、わりとどうしようもないキャラばかりだけれど、それらが何だかんだでお互いを受け容れあって、思いやりあって暮らしているムーミン谷。このお話のラスト、みんなが自分のためではなく、誰か他の人のために願いごとをする場面にはじんわりさせられます。

モランのような、人間の闇を象徴的に表現したキャラが登場するのも、トーベ・ヤンソン作品の深みがあるところだと思う。多分これからも、折にふれて何度も読むんだろうな。

レビュー投稿日
2016年5月9日
読了日
2016年5月8日
本棚登録日
2016年5月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『たのしいムーミン一家 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『たのしいムーミン一家 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『たのしいムーミン一家 (講談社文庫)』にnariyomuさんがつけたタグ

ツイートする