源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)

3.04
  • (6)
  • (15)
  • (61)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 485
レビュー : 52
なすださん 国内作品   読み終わった 

源氏物語を題材とした9つの作品を集めたアンソロジー。
ほぼ現代語訳というものもあれば、時代はそのままに面白おかしく喜劇に仕立てたもの、舞台を現代に置き換え内容も大胆にアレンジしたものなど様々。
タイトルに惹かれて書店で手に取ったが、江國香織が参加しているのを見てそのままレジに持っていった。彼女の筆で描かれる源氏物語はどんなものなのだろうと興味を覚えたからだ。

以前何処かで、源氏物語では光源氏は「主役」ではなく「狂言回し」だ、という意見を見かけたことがある。光源氏の恋の冒険譚ではあるが、本当の主役は彼ではなく恋の相手となる女性達だと。
確かに光源氏とそれぞれの女性との間に描かれる恋模様の違いは、そのまま相手となる女性の個性の違いとも言え、そう考えると個々のお話の「主役」は相手の女性と言えるのかもしれない。

その個性豊かな女性達の中で、私にとって何を考えているか分からなかったのは夕顔だ。
少女のようにあどけなく、男性の庇護欲をそそるような可愛い女性。そういう人物なのは分かる。ただそれは彼女の振る舞いがそう描かれているからであって、その裏にある心についてはどうにも分からず、長年もどかしい思いを抱えていた。
そんな中、収録作の「夕顔」では、状況をあるがままに受け入れ、理屈よりも感覚を重視して生きている女性として描かれている。臆病なのに、いや臆病だからこそ、自分が置かれた状況抵抗せず、いつの間にか馴染んでしまうのだろう。
いかにも江國香織が得意とするタイプの人物で、彼女の作品を読みなれている身としてはすんなり読み進められた。個人的には、この作品で初めて夕顔がどういう女性なのか少し理解できたように思う。「マ・シェリ」とか「チューインガム」等の一部の言葉には苦笑してしまったが、相変わらず綺麗な文章だし、手にとってよかったと思う。

他に印象に残ったのは桐野夏生「柏木」、小池昌代「浮舟」。

レビュー投稿日
2016年12月28日
読了日
2014年7月30日
本棚登録日
2014年7月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする