砂の妖精 (福音館古典童話シリーズ 29)

3.60
  • (3)
  • (10)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 10
制作 : ハロルド・R. ミラー  Edith Nesbit  石井 桃子 
nashiroyukiさん ファンタジー(海外)   未設定

砂の妖精と子どもたちの話。
異世界に行くのではないが、妖精がこちらの世界にやってきた感がある。
一日一回だったか、魔法を使えて願いを叶えることができる。
でも毎回なにかしら弊害がある。
Death Noteとか今やってるリセットとか、同じような要素があるのでは。
この話はそんなシリアスなことはなかったと思うけど、子どもの成長の話。
そういった意味ではナルニア国年代記に似ているかもしれない。

レビュー投稿日
2009年1月28日
本棚登録日
2009年1月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『砂の妖精 (福音館古典童話シリーズ 29...』のレビューをもっとみる

『砂の妖精 (福音館古典童話シリーズ 29)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする