騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

3.77
  • (284)
  • (549)
  • (429)
  • (61)
  • (14)
本棚登録 : 3742
レビュー : 550
著者 :
nasunonasuoさん  未設定  読み終わった 

ねじまき鳥のクロニクルと同じ要素がいくつか。井戸と類似した存在の穴(入口出口がないのに通り抜けられる)はその最たる例だ。物語が推進力をもち、物語そのものが望む方へと筆を走らせると、その人の中では同じような場面へと帰着するのだろうか?計り知れない境地。この作品は、登場人物の会話が特に秀でている。会話の中から新たな価値観や物語を進める符丁のようなものが生まれる。それは常に、インフォメーションギャップのあるコミュニケーションだから、他愛もない会話でも目が離せない。東北大震災の出し方が、村上春樹の人間性を物語っている。というより、主人公の一人称からして、それ以外の出し方は考えられない。さり気なくて、慎ましい思慮に富んでいて、それでいて事実をズバッと指摘する端的さを含んでいる。一瞬一瞬を切り取りながら、その雰囲気を楽しむ作品だと感じた。

レビュー投稿日
2017年5月7日
読了日
2017年5月6日
本棚登録日
2017年5月6日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー...』のレビューをもっとみる

『騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする