バカの壁 (新潮新書)

3.21
  • (364)
  • (817)
  • (2474)
  • (390)
  • (130)
本棚登録 : 9768
レビュー : 1074
著者 :
なっちゃんさん ヤ行   読み終わった 

“最近の若者は〜”という決めつけている文章に不快を感じた。

「知りたくない知識に耳をかそうともしない奴に何を説明しても無駄である。」とかいうような文章が多く“なんて口悪いんだろう”と思った。

しかし、頷ける部分も多々あった。

「当たり前」「知ってる」と言ってしまったら思考が停止してしまうということには“なるほど”と納得した。知識は積み重ねで沢山吸収していくものなのである。

又、「私は私」と生きることが大切であり、周りの情報に流されてはいけない。強い意志を持って行動することが大切である。

文章がすっきりしていて、説得力があるし、面白い。

でも、こういうタイプの教授にはつきたくないと思ってしまった。

レビュー投稿日
2010年3月16日
読了日
2010年3月16日
本棚登録日
2010年3月16日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バカの壁 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『バカの壁 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする