酔(ゑ)ひもせず 其角(きかく)と一蝶(いっちょう)

3.28
  • (3)
  • (12)
  • (32)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 115
レビュー : 23
著者 :
natsuki813さん 913.6   読み終わった 

芭蕉一門の俳諧師・其角と、豪放磊落な
絵師・多賀朝湖(後の英一蝶)は、
ある夜吉原の太夫に呼び出される。
近頃「動く屏風の犬」を見た遊女が、
次々と姿を消している。その謎を解いて
ほしいというのだが…。

レビュー投稿日
2017年1月6日
読了日
2017年1月19日
本棚登録日
2017年1月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『酔(ゑ)ひもせず 其角(きかく)と一蝶(...』のレビューをもっとみる

『酔(ゑ)ひもせず 其角(きかく)と一蝶(いっちょう)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『酔(ゑ)ひもせず 其角(きかく)と一蝶(いっちょう)』にnatsuki813さんがつけたタグ

ツイートする