西の魔女が死んだ

3.96
  • (323)
  • (213)
  • (323)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1460
レビュー : 291
著者 :
natsuko-nonさん フィクション   読み終わった 

中学生の少女まいが、中学に入ってすぐに学校に行くことができなくなり、祖母の家で過ごすことになる。祖母は魔女、と言っても、実際に魔法を使うわけではない。そこで、まいは「魔女修行」をすることになる。一番大事なのは「自分で決めること」。

都市を離れて、自然の中で暮らすこと。その癒し、喜びには共感できるけれど、素直に読むには、少し年を取りすぎてしまったかも(^^;。
学校に行きたくないという理由(クラスの中での孤立)にも、そこに至る経緯が漠然としていたような気がする。でも、そんな「雰囲気」だけで派閥が決まるというのが「今風」なのかもしれないけれど。

レビュー投稿日
2018年9月28日
読了日
2018年9月28日
本棚登録日
2018年9月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『西の魔女が死んだ』のレビューをもっとみる

ツイートする