読書状況 読み終わった [2018年5月29日]

読書状況 読み終わった [2018年5月20日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2018年5月19日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2018年5月8日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2018年4月9日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2018年4月7日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2018年3月16日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2018年3月9日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2018年2月16日]
読書状況 読み終わった [2018年2月12日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2018年2月8日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2018年1月25日]
カテゴリ 小説

全体的にどうにもこうにも『砂の器』っぽいのだけれど、「どうかこの人が犯人じゃありませんように」と祈ってしまう小説は大好きなので、読み終えたいま、壮絶な人生を見せられた気がしている。
あと、猛烈に『砂の器』が読みたい。

2018年1月20日

読書状況 読み終わった [2018年1月20日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2018年1月10日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2018年1月8日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2017年12月27日]
カテゴリ 小説

オオカミ様と喜多嶋先生の正体にガツンとやられた。
読者はこころちゃんよりもっとたくさんのヒントを与えられていたのに、気づかなかったよ。

ああ、それにしてもつくづく、会社で読むんじゃなかった。だって泣けない。

2017年12月15日

読書状況 読み終わった [2017年12月15日]
カテゴリ 小説

読み進めるにつれ覚える違和感の正体は想像のもうひとつ上をいってた。ああ、苦しい。

2017年12月5日

読書状況 読み終わった [2017年12月5日]
カテゴリ 小説

あの事件後にブログのアーカイヴを読み耽った者としては、エシレバターよりカルピスバターより、赤飯の使い方がこれ以上ないほど効果的で思わず唸った。

2017年11月27日

読書状況 読み終わった [2017年11月27日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2017年11月20日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2017年11月6日]
カテゴリ 小説
読書状況 読み終わった [2017年10月30日]
カテゴリ 小説
ツイートする