のぞきめ

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年11月30日発売)
3.67
  • (25)
  • (77)
  • (76)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 416
感想 : 63
3

作家・三津田信三が収集した『のぞきめ』による怪異譚の小説二つと、その怪異の正体を論理的に推理した終章からなる。
『覗き屋敷の怪』は別荘管理のバイト学生たちがある廃村に迷い込んだ(呼ばれた?)ために巻き込まれる得体の知れない恐怖。
『終い屋敷の凶』はその廃村がまだ村として存在した時代に訪れた四十澤想一が遭遇する謎めいた因習と不気味な視線。

覗き屋敷も十分怖かったけど、終い屋敷でさらに恐怖のレベルが上がっているような。怖いだけじゃなく村や鞘落家への絶望感のようなものもこみ上げる。
終章では『のぞきめ』の正体を三津田氏が結論づけるわけだけど、本当にそうなの?あくまでも個人の解釈だよね?という不安を残して終わる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2019年10月30日
読了日 : 2019年10月30日
本棚登録日 : 2019年10月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする