魯山人味道 (中公文庫 M 123)

3.38
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 2
獺祭屋ラガー_2014さん  未設定  読み終わった 

くちこ:なまこ(海鼠)の卵巣。能登に産し、1~3月に卵巣が肥大化し、それが口先にあることから「くちこ」と呼ばれる。開いた卵巣を何枚も連ねて一枚に干し上げるので、一枚作るのに十数キロのナマコが必要であるため、大変高価になる(2008年一枚数千円)。乾燥させたものは三味線のバチに似てるので「バチコ」とも「コノコ」ともいう。生のものは塩辛にする。はらわた(腸)は、「このわた」といい、「ウニ」「カラスミ」とならんで”日本三大珍味”の一つ/中華料理が進んでいた時代は「明代」。理由は、食器が美的で優れていた時代であっ

レビュー投稿日
2014年5月12日
読了日
2014年4月27日
本棚登録日
2014年4月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魯山人味道 (中公文庫 M 123)』のレビューをもっとみる

『魯山人味道 (中公文庫 M 123)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする