ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

4.08
  • (15)
  • (23)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 20
著者 :
はしのさん YA   読み終わった 

長編。シリーズ完結。憎たらしいが憎めない人はいるのかもしれないが、どうしても好きにならない人物が登場するのがこのシリーズかもしれない。そのような人物を登場させるストーリーも楽しめる部分もあるのだが読後がすっきりしない。楽しいはずの本をテーマにした物語なのに、読むという行為が楽しめない。それがこのシリーズの良さでもあるのか。

語り手の五浦大輔の人物像が最後まではっきりしなかった。つかみどころがない人物を描いているのではなく、ただ輪郭がぼやけていて幹の部分がなく魅力的が感じられなかった。

レビュー投稿日
2018年8月30日
読了日
2018年8月30日
本棚登録日
2018年8月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)』にはしのさんがつけたタグ

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする