自然言語処理の基礎

3.22
  • (0)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 126
レビュー : 11
著者 :
ndoiさん  未設定  読み終わった 

自然言語とは、日本語や英語など、我々が日常的に話し聞き、読み書きしている言語のことを言う。この自然言語をコンピュータ上で扱う技術を自然言語処理という。
自然言語処理は、①コンピュータに言葉を理解させる、②コンピュータ上で言葉を処理する、といった大きく2つの立場に分けることができる。コンピュータ上に知的な能力を持つものを実現したいといういわゆる伝統的な人工知能的研究をベースにしたものが前者であり、コンピュータに蓄積された大量のデータを加工することで、なんらかの有用な情報を取り出したり、大量のデータを有効に活用する技術開発をベースにしたものが後者である。
基礎技術としては、辞書や、言語に関する研究を行う上で重要な電子化された言語データであるコーパスなどの情報と、①意味をもつ最小の言語単位(形態素)を対象とした自然言語処理の解析プロセスである形態素解析、②入力された文の品詞の並びの妥当性を検証し、構文構造を出力する構文解析、③単語の意味を特定し、単語間の意味関係から、文全体の意味構造を得る意味解析、④複数の文の系列やつながりを解析する文脈解析、などの技術を使う。
自然言語処理は、機械翻訳、情報検索、テキスト分類、情報抽出、テキスト要約、テキストマイニング、質問応答などのシステムに応用されている。

レビュー投稿日
2017年3月28日
読了日
2017年3月28日
本棚登録日
2017年3月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自然言語処理の基礎』のレビューをもっとみる

『自然言語処理の基礎』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする