ふたりの距離の概算 (角川文庫)

3.84
  • (335)
  • (784)
  • (505)
  • (42)
  • (7)
本棚登録 : 5205
レビュー : 457
著者 :
あさかさん 小説・本   読み終わった 

氷菓のアニメのその後の話を読みたくて、いまさら翼といわれてもという短篇集を探していたが見つからない。
ので、この本を手に取ってみた。

読み応えがありますね。
この後に遠まわりする雛を読んだが、短篇集だからかアニメの印象が強いからなのか、そこまで読み応えというものを感じなかった。
また読み返したいと思ってるけどね。
読後感は切ないというか、アニメでも味わった苦さを感じました。

これ以外はアニメ化されてるけど、氷菓シリーズの長篇も読んでみようかな。
アニメだとよくわからない部分もあったし、小説だとわかるかな。

レビュー投稿日
2018年9月22日
読了日
2018年5月25日
本棚登録日
2018年5月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ふたりの距離の概算 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『ふたりの距離の概算 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ふたりの距離の概算 (角川文庫)』にあさかさんがつけたタグ

ツイートする