名前 nebaumeka
本棚の名前 可不可編集工房
本棚の紹介文

プロフィール

あの作家が、こういういいことを何かの本に書いてたなぁということがよくあるのですが、その本を読み返したくても題名すら分からないことがしょっしゅう。

反面、人生は短い、あの本を読むとこの本が読めないのだという格言をしみじみ思う年齢に達してしまっことを実感する今日この頃。事実、本全体の半ばを過ぎた頃に、あれ、この本読んだことあるなぁと思うことも増えた。一度読んだ本を読み返すより、未だ読んでない本を読むべきだったなぁと。しかしながら温故知新もまたしかり。

本は増殖の一方。この際、一度読んだ本は自分の体の中に最小化されて保存していることにして、未だ読んでない本を最上面に置くこととする。(クリック一つで思い出せるわけではないけれど)

そのためにも、この読書記録、引用をフル活用して、動きが止まっている脳細胞のカンフル剤としたいと思っている。思っているだけ。

ツイートする