考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)

3.60
  • (11)
  • (19)
  • (16)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 400
レビュー : 36
著者 :
negiyanさん  未設定  読み終わった 

ひさしぶりに定期的に再読したい本に出会った。
「考えること」の大切さを感じる、思い出す一冊。
堅苦しい知識としての「哲学」ではなく、『哲学する = 問い、考え、語り、聞く』ことで自由に生きることができる、と。
そのための手法としての『哲学対話』。問いを自分たちでつくり、答えを求めず自由に対話する。いいなぁ。やってみたい。

レビュー投稿日
2019年2月27日
読了日
2019年2月27日
本棚登録日
2018年12月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『考えるとはどういうことか 0歳から100...』のレビューをもっとみる

『考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする