ラッシュライフ (新潮文庫)

3.74
  • (2927)
  • (4159)
  • (5037)
  • (468)
  • (88)
本棚登録 : 30934
レビュー : 2945
著者 :
nejidonさん 小説   読み終わった 

これはお薦めですよ。頭がクラクラするようなだましの世界です。
この話は5つの視点で進んでいきます。

① 拝金主義の画商と女性の画家
② 被害者の心のありように気を配りながら、空き巣に入る泥棒
③ 新興宗教の教祖に惹かれている男ふたり
④ 互いの配偶者を殺そうと練る女精神科医とサッカー選手
⑤ 40社連続不採用になっている、失業中の男

この5つにそれぞれ絡んでくる話があり、また5つは全く別の人生でありながら、意外なところで結びつき、予想もしない展開になっていくのです。
テンポも良く、小粋で洒落た表現の連続で、先へ先へと読み進むのが楽しくて仕方がなかったですね。

こうした群像劇を、映画の世界では観ることはありますが、書物の中で、しかもここまで巧みに出来た物は非常に珍しいのではないでしょうか。
ごめんなさい、東野圭吾様、藤沢周平様、ジョン・アーヴィング様。
伊坂幸太郎さんに浮気しそうです

レビュー投稿日
2010年2月20日
読了日
2006年1月18日
本棚登録日
2006年1月18日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラッシュライフ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ラッシュライフ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする