nejidonさん ノンフィクション   読み終わった 

自分の好きな作家さんが、どんな本を14歳向けにお薦めしているか、興味を持って読み始め、これが見事にはまった。
これは面白い。
一番最初に登場する角田光代さんから、しんがりの上野千鶴子さんまで、実に30名の作家さんがその名を並べている。
薦めている本の多種多様なことにも驚きだが、その難易度の高いことにもっと驚く。
つまり、それだけ本気でこの課題に挑んだのだろう。
数ページずつの推薦文もいつもとは文章の調子が違い、硬質で、しっかりと若者へのメッセージを放っている。
それがとても清清しく新鮮で、どなたの文章もきらりと光る珠玉のような数行があり、14歳などはるか昔に過ぎたこの私でも、胸が熱くなってくるのだ。

そしてもうひとつの発見は、作家さんの作風とご本人の好みとはあまり関連性がないものだなということ。
言い換えれば、ほんの数冊読んだだけでその作家さんのことを知ったような気になるのは、読み手側の傲慢だなと、自省も込めてそう思う。
例えば、角田光代さんは佐野洋子さんを推薦していて、もうこれで唖然としてしまう。
吉田篤弘さんがサリンジャーの【フラニーとゾーイー】だもの。
「えええ~!?そうだったんですか!」と突っ込みたくなった。
そして、中江有里さんが中島らもさんの【明るい悩み相談室】。驚きでしょう?
ギャグ漫画だと思ってゲラゲラ笑って読んだ【賭博黙示録 カイジ】を、熱く語ってお薦めしている小池龍之介さんにも眼からウロコだったし、この世の何も信じてなさそうな上野千鶴子さんが【聖書】をお薦めしている。
しかも、この上野さんの文章がこの本の白眉なのだ。
それはもう、思わず上野さんのファンになってしまうところだった(笑)。

そう言えば私の3人の兄たちも、進級のたびによく本を買ってくれた。
しかし、高校に入学したときの三番目の兄の贈り物には、正直泣いた。
【エドガー・アラン・ポー】の全集だったのだ。
「ありがとう」と言ったが、15歳の女子に【アッシャー家の崩壊】も【大烏】も怖すぎた。
読まずに放り出すこと十数年。
齢30にして始めて読んで、その魅力にしびれたのだった。
無骨に見えた兄の、なんとロマンチストな一面があったことだろう。

14歳まっただなかという子たちは、おそらくはこの本の中で推薦されている本を読まないかもしれない。
それでも、「いつか」という棚に置いて、読みたい年齢になったときに読むことだろう。
そのとき初めて、それぞれの作家さんの熱いメッセージの意味を知るだろう。
そうであるようにと、願っている。

レビュー投稿日
2013年6月25日
読了日
2013年6月25日
本棚登録日
2013年6月25日
18
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに...』のレビューをもっとみる

『ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)』のレビューへのコメント

まろんさん (2013年6月25日)

nejidonさん、こんにちは。

「この世の何も信じてなさそうな上野千鶴子さんが【聖書】」
のくだりに噴き出してしまいました。
思わずファンになってしまった、ではなくて「なってしまうところだった」というところも(笑)

それにしても、進級のたびに本を買ってくださるお兄様が3人も?! 
いいなぁ!!! 素敵すぎます。
ひとりっ子で、たったひとりでもいいからお兄さんがほしかった。。。
と、今でも夢にみてしまう私には、神々しすぎる理想のお兄様たちです。

こんな魅力的なレビューに触れては、読まずにはいられない本ですね。

nejidonさん (2013年6月27日)

まろんさん、こんにちは♪
いつもたくさんの花丸をくださって、ありがとうございます。

おお、さすがのまろんさんです!
上野千鶴子さんのくだりに目をとめて下って、とってもとっても嬉しいです。
(これが言いたいレビューだったりして・・笑)
聖書を、宗教書として薦めているわけではないのですが、意外性において突出していました。
そしてその文章がとにかく素晴らしいのです。
だからと言って、、、いや、ファンの方もいらっしゃるかもしれないので、この辺で・・うはは。

兄たちの話、そんなに感動してくださってありがとうございます。
色々な本が互いの本棚を行き来するので「これはわたしの!」「いや、俺のだ!」とよく言い合っていました。
さっさと引っ込まないと、痛いゲンコツが飛びました。
まろんさんはひとりっ子でいらしたのですか。
わぁお!それはなんと羨ましい。
誰にも偉そうな口を挟まれず、からかわれることもなく、静かに本を読める環境に、憧れましたね。
お互いに、無いものねだりでしょうか。

この本が、まろんさんにも気に入っていただけますように。
レビューも、楽しみにお待ちしています!

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする