どうぞのいす (【2歳・3歳・4歳の絵本】)

著者 :
  • ひさかたチャイルド (1981年10月31日発売)
4.14
  • (399)
  • (305)
  • (224)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 5841
感想 : 370
5

タイトルがちょっと不思議でしょう?
「どうぞのいす」だけど、「どうぞお座りください」の「どうぞ」ではない。
ではどんな「どうぞ」なのか。
それをはじめに考えたのは、この椅子を作ったうさぎさん。
耳としっぽまで付いている可愛い椅子なんである。
でもうさぎさんは主役ではないので、登場するのははじめだけ。
それなのに「どうぞ」の連鎖は続いていく。
次に椅子の前を通るかもしれない見えない相手のために、
「どうぞ」の気持ちをみんな椅子に置いていくから。
なんだか素敵な思いやりの連鎖のあとで、ずっと眠っていたろばさんの
可愛いひと言がオチになっている。

幼稚園の年少さんで読む定番のひとつ。
年中さんも年長さんも喜ぶので、層が広いのも嬉しい一冊である。
もちろん、大人が読んでおおいに楽しめる。
展開の意外性と、絵の愛らしさ、何よりラストのオチの幸福感で満たされる。
ゆっくり読んで約5分。
子どもは絵を観ているものなので、これこそゆっくりゆっくり読みたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 絵本・秋
感想投稿日 : 2013年3月10日
読了日 : 2013年3月10日
本棚登録日 : 2013年3月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする