中途半端な密室 (光文社文庫)

3.31
  • (32)
  • (106)
  • (204)
  • (37)
  • (7)
本棚登録 : 1150
レビュー : 126
著者 :
nekodarumaさん  未設定  読み終わった 

安楽椅子探偵小説の短編集。
新聞に書かれるような事件の概要以外は全て想像で作られるため、事件の詳細や結論はかなり突飛だったりするけれど、それユーモアで包んで仕上げてしまうのがこの作者らしいところ。初期の作品とのことだが、探偵と助手役のやりとり、特に助手のツッコミの面白さなんかはこの頃からで、やっぱりこの作者好きだなぁと思った。

レビュー投稿日
2015年3月17日
読了日
2015年3月17日
本棚登録日
2015年3月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『中途半端な密室 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『中途半端な密室 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする