クリスマス・カロル (新潮文庫)

3.60
  • (110)
  • (135)
  • (250)
  • (23)
  • (9)
本棚登録 : 1328
レビュー : 160
著者 :
制作 : 村岡 花子 
nekohoumuさん 小説   読み終わった 

クリスマスの頃には毎年読み返したい小説。学生時代から何回も読み返してきました。人って子どもの時代の思い出をいとも簡単に忘れてしまって、世俗にまみれてしまいがちです。それが「現在」。本書は、そうした「現在」を重ねていくと、つらい「未来」が待っているぞと警告をしてくれます。そして、どんな人でも、「現在」を変えられるのだとスクルージが証明してくれます。

レビュー投稿日
2016年12月11日
読了日
2016年12月11日
本棚登録日
2016年12月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クリスマス・カロル (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『クリスマス・カロル (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする